たくのろじぃのメモ部屋

プログラミング・数学・マイクラなどの内容を備忘録として残すブログ。

Markdown で数式を記述してPDF化(画像化)する

はてなブログmarkdownで書いているのですが、数式を書くときに [tex:] と書いて、その中に書き込んでいます。これを普通の Markdown でも適用できるか調べてみました。

1. VScodeMarkdown 拡張機能を導入する

Markdown とは?という説明は他の記事に任せて、導入して数式を表示し、PDF化するところまで行きます。

まずは拡張機能を導入します。" Markdown all in one " を選択しておけばすぐに使えます。

f:id:takunology:20200626100054p:plain

あとは新規作成して、拡張形式を .md とすればマークダウンが書けます。

プレビューのやり方ですが、まずは [Ctrl] + [Shift] + [P] で検索欄を開き、"markdown" と入力すれば "Open Preview to the side" と出てくるので、これを選択すると右半分にタブができてリアルタイムに変更内容が反映されます。すごくオススメです。

2. 数式を記述する

さて、ここまでは普通の Markdown ですが、数式をきれいに書けるでしょうか...?

はてなmarkdown と同じように [tex:] と書くと正しく表示されませんが、$$<数式>$$ で囲むと、きれいに数式を書くことができます。

例えば、この後アップしようと思っていた記事の一部をこんな風に書くことができます。

f:id:takunology:20200626105704p:plain

3. PDF 出力(印刷)する

検索欄に "markdown" と入力して "Print current document to HTML" を選択して、HTML形式で書きます。

f:id:takunology:20200626110004p:plain

作業ディレクトリ内に html ファイルが生成されるので、開きます。後は印刷(PDF化)することで markdown を出力できます。

f:id:takunology:20200626112323p:plain

あとは画像化すればこんな感じになります。

f:id:takunology:20200626112354j:plain


こんな感じで Markdown から美しい数式を出力できます。