たくのろじぃのメモ部屋

プログラミング関係や数学などの内容を備忘録として残すブログ。プログラミングはC#を中心に書いています。

リーダーの悩み

久しぶりの投稿ですね…


リーダーとか長とか聞くとなんだかすごいような印象があるけど、実際はそうではないのですよ。むしろ長の下で動く人よりも地味で誰にも見えない部分をやります。例えば資料の作成だとか、全体の進捗状況の確認とか。

でも他の人と違うのは「仕事を選べること」です。仕事を選べるのはいいが、選ばなかった仕事は誰がどうするのかというのを考えないといけません。ここが難しいところ。仕事を任せるのはいいけど、任せっきりにして後は知らないということは許されません。むしろその人のサポートに回るくらいでないといけないのです。では問題です。


問. タスクが10あったとし、部下が5人いるとする。あなたは部下を従えるリーダーだとして、どのように仕事を割り振るか。ただし、リーダーのタスクは0でも良いが、部下にはタスクを最低1つ割り振ること。


あなたならどう考えますか?


今までの自分なら、自分のタスクを5にして残りの5人に1つずつタスクを与えます。

このようにした場合、何が起きるかというと自分の仕事でいっぱいになってしまい、全体の進捗が確認できなくなってしまいます。期限付きの資料があれば尚更です。(体験談)進捗が確認できないと資料にズレが出たり、間違っていることに気がつかないことがあります。


では自分を0にして他を2にしますか?

これもダメです。全体の進捗は確認できます。が、他の人が資料作っているときに自分だけ何もできなくなってしまいます。さらに、フォローする人が増えるので間違っている資料はすべて修正しなければなりません。

こちらの方が大変です(体験談)


では正しい考え方は何なのかというと…

分かりません(笑)

今まさに自分が答えを模索してる最中です。経験豊富ならすぐに答えられるのだと思いますが、今の自分には無理です。


今考えてる案としては自分が3、他は2、2、1、1、1で分けます。1にしておけば早く終わった人が他の人の作業を手伝えるからです。また、資料は一度リーダーが目を通さなければならないために部下の仕事が終わるまで待つ必要があります。資料の出来は人によって差があるため、この方法でも難しいかもしれません。


というわけで、明確な答えはまだ無いのが現状です。なぜこのような記事を書いたかというと、あるイベントの準備中に「準備が進んでいるように思えないんだけど?」と詰め寄られたからです。周りを見てみると、机の配置だけ終えて展示品が準備されていませんでした。自分は机の配置図だけ決め、あとはその机を使う人に任せようと考えていました。しかし、現状は指示を出したところまでしか動いてくれませんでした。つまり自分以外の人は机の配置をして終わりだと思っていたということです。自分は、展示品があるんだから設置まで終えてくれるだろうと思っていましたが、そう簡単ではなかったということです。


あと、リーダーは全体のまとめ役とか言うけど、そんなこと言うのはにわかリーダーですね。(自分もそうだった)

まとめるのは最終目標であり、その過程を考えるのがリーダーのやることです。全体をまとめるというのは全員の進度を見極めることにあります。進度が揃わなければずっとまとまりのないグループになってしまいます。


自分もまだまだ未熟者ですが、リーダーとしての役割とは何なのかが分かるようになりたいと思っています。


リスクマネジメントも視野に入れてます。